サングリーン那須は
環境にやさしい農業をめざしています。

アイガモ農法

サングリーン那須は那須塩原市の越掘というところを中心に、水稲、麦、大豆を中心に、33haを耕作しています。 2009年にはエコファーマーの認証を受け、減農薬・減化学肥料の農業を推進しています。 農水省が推進する「農地・水・環境保全向上対策」に参加し、地域に「越掘自然を守る会」を設立しました。 エコファーマとしてアイガモ農法に取り組み、「お米のオーナー制度」で田んぼの生産状況(お米だより)や生産履歴をオーナーにご報告しながら、アイガモ米(愛カモ米)をご購入いただいています。


 

地域の未来を考えています

越堀田植えの様子

食糧の自給率の低い日本が減反政策で田んぼを減らしてくのは、果たして正しい道なのでしょうか? 検討した結果、休耕田に飼料米を栽培することにしました。一度田んぼをやめてしまえば、再び田んぼに蘇らせるのは難しいものです。飼料米づくりなら、水田を維持しながら、減反し、その政策が変われば、再び田んぼとして活用できます。 そこにもうひと工夫してみました。 飼料なら、そこにたとえ種類の違った米が入っても、飼料としての品質には影響しません。そこで、穂の黒い緑米で絵や文字を描く、田んぼのアートに挑戦しようと考えました。 地域の人たちや子どもたち、東京からの参加者も加わり、田植え機で飼料米を植えた後に緑米で田んぼに絵と文字を書きました。 I LOVE コエボリ LOVEはハートの絵です。 あまりはっきりではありませんが、高台から見えます。 少しでも話題性のある取り組みをして、地域の活性化につながればと願っています。

越堀の田んぼアート

越堀の田んぼアート


越堀2015 夏秋